2016年05月28日

4年目のモデルガーデン

IMG_8666.jpg
モデルガーデンは新緑時期の花が終わって、梅雨から夏に向けての花が咲き始めています。
下の写真以外にもビヨウヤナギ、キハギ、ソヨゴ、ツリバナなどなど。

4年目になって木々もしっかりと根付いて力強くなってきました。
まだ大丈夫ですが、大きめの樹木はそろそろ今後のサイズを考慮した手入れが必要になってきます。
低木下草類も施工当初とは比較にならないほどボリュームが出て、
マンション内の専用庭とは思えない景色になってきています。
これだけ植物が植わっていると管理が大変と思われるかもしれませんが、
基本的にローメンテナンスを視野に入れた庭づくりを心がけているので、
日常的に手を入れなくても荒れた感じにはなりません。

IMG_8663.jpg
バーベナとたわわになっているジューンベリーの実と。

IMG_8660.jpg
ヤマアジサイ

IMG_8661.jpg
ホタルブクロ

庭の景色は変わってきましたが、
家の中も徐々に変化。

IMG_8592.jpg
猫たちが壁紙をベリベリ、見た目も悪い部分が出てきたので、どうしようかと思い、
アマゾンを見ていたら、我が家の室内での愛用塗料のベンジャミンムーアが在庫セールとなっていたので、まとめ買い。

IMG_8702.jpg
白系の照明がグッと映えるようになりました。

IMG_8701.jpg
部分的にクロスとノリだけ剥がして、塗っていきたいところを徐々に。
マスキングのコツも段々わかってきて、もはや壁だけなら日常的なDIYの領域。
posted by yskidr at 16:05| Comment(0) | niwa

2014年09月10日

写真では伝わりにくい心地よさ

IMG_0117.jpg

仕事の話がアップされてませんが、
9月はしっかりと働いております。
写真を全く撮ってないので、仕事ネタの更新がされてません。

写真と言えばなのですが、
普段主に剪定している透かしの手入れや、フワッとした雑木の庭は
業務連絡程度に適当に撮ると、実に写真で雰囲気が伝わり辛いものなのです。

透かしの手入れは刈込みと違い、外からははっきりとしたラインは出ません。
外からの写真で幹や枝ぶりが良くわかる木は実際には相当枝葉が少ないものです。
雰囲気が伝わるのは、ある程度大きい木を中から撮ることでしょうか。

その場にいるとあまり感じないのですが、
大きな高低差がない木々が並んでいるのを撮ると、
一つの固まりに写ってしまいます。

しかし近年は大きな木は嫌われがちです。
ある程度大きい木があると、空間に奥行きもうまれますし、
二階から枝葉が見えると言うのは、
生活していても大分気分が違います。

結局のところ、実際に見て欲しいと言うことです。
写真の印象は大切ですが、あまりその情報だけに固執せずに、
風や光の心地よさを体感してもらえると嬉しいなと思っています。

写真は今年親方のところに手伝いに行った時に手入れさせてもらった、
大きなシイ。
posted by yskidr at 22:36| Comment(0) | niwa

2014年02月28日

暑かった。

IMG_3463.jpg
2月も最終日。
今週は寒さも和らいで、段々と春の空気になってきていますが、
今日は特別暑かった。

植栽の手伝い@町田だったのですが、こんなに長閑なところで、
日当りも良すぎるくらいに良く、みんな昼ご飯は半袖で食べてた程。
大雪直後のこの現場に入り始めたときは、膝上まで雪が残っていたそうです・・・。

明日から3月。
再び冷えるようですが、三寒四温で段々と春になってくるのでしょう。
日に日に新芽や蕾が大きくなって、葉や花が出てくると、
楽しくて仕方なくなるのですが、またあの蒸し暑さがやってくるのか、
と思うと少しばかり憂鬱でもあります。
posted by yskidr at 23:31| Comment(0) | niwa

2014年02月11日

里、薮、山

RIMG0394.JPG

子供の通う保育園に使う木を選びに行った時のこと。
欲しかった樹種の木がなくて、
植木を仕入れさせてもらっている畑の親方と一緒に畑を巡りながら話していたのですが、
最近雑木とひとまとめにしてるけれど、
所謂株立ちの形の整ったものは里の木で、山の木とは全く別物。
実際に山に入って、自然の姿を見に行くことがなければ、
使いこなす事ができない。
昔の人は良い意味でも悪い意味でも良く遊んでいたから、
お客さんも違いが分かって、見る目があったんだな、と言ってました。
なので、なかなか売れない個性的な片枝しかないような木々を取ってきてくれる人が少なくなってしまっているそうです。
そもそも植栽スペースが少なくなってきて、ただでさえ植木が売れないのに、
広い敷地が必要な畑の場合、ある程度需要に合わせなければ商売できませんしね。
悲しいけれど、厳しい現実です。
今回の木々は山取り風里の木が大半。
それでも選ぶ手間を省いたらまとまりません。

山取りの木の線の強さは、整った住宅街の中ではとても惹きつけられるカタチです。
力まず、サラッと使いこなせるようになりたいものです。

写真は全く無関係な、アメリカのオリンピック国立公園で撮ったもの。
シアトルといえば、まさかのスーパーボウル制覇。
暗黒のこの時期、盛り上がった事でしょう。
シアトルで是非とも見たかった!
posted by yskidr at 20:44| Comment(0) | niwa

2011年06月19日

Azumabashi

IMG_2781.jpg
先週はほぼ全日、以前の勤務先に行ってきました。
昨年大きな仕事をした、古くからのお付き合いのある建築苔原の棟梁の現場だったのですが、初日に棟梁と立ち話した通り、楽しく仕事させて頂きました。


IMG_2769.jpg
今日は現場の近くの種田の足袋(写真の通りスカイツリーのほぼ真下)に足袋、脚絆を購入しに行ったその足で、現場の完成お披露目会に顔出し。
割と長居していたのですが、よく手伝いにいく雑木の庭づくりマイスターの現場でお会いしたことのある設計、工事関係の方々も来ていて、広い世界でありながら、狭い世界だなぁと思ったり。

何はともあれ、庭師がこういう催しに参加できるって、すごくありがたいし、大切なことだなと実感。
posted by yskidr at 20:00| Comment(0) | niwa