2017年02月13日

植栽工事@港北

かなり冷え込む日もあれば、日中は暖かい日もあり、
徐々に陽も長くなって、なんとなく春が近づいてきている空気感。

予定通り1月後半から工事が続いています。

この時期の植栽は春が来るのをじっと待つ、に尽きます。
1月に仕入れた時は、ポットに土が入っているだけだった野草が、
徐々に芽を見せ始めていたり、日々の観察では発見はありますが、
写真は映える時期までお預けです。

さて、建築家さんからの依頼で、はじめてとなる工場の緑化をさせていただきました。
正面及びアプローチ、建物前方後方の脇部分の生垣風植栽の工事でした。
IMG_9394.JPG

緑化条例のことが後の方になってわかったので、
一番最初に話を受けて書いた図面とは多少異なった緑地帯になっていましたが、
緑のトンネルを抜けて事務所に入っていくアプローチは実現できました。

とにかく厳しい予算で、どうメリハリをつけ、
大きな建物と調和できるかを念頭に植栽しました。
工場でこれだけの種類の落葉樹が植わっているのは珍しいのではないでしょうか。

お客様もシンボルになるような木は常緑樹だと思い込んでいたようで、
プランを見たときは、落葉樹で冬の景色を作れるのか、
半信半疑だったように見受けられましたが、
出来上がった時には、全くその様には感じなかった様で、驚いてくださいました。

一本一本木を選んで、全体としての構成を考えながら、
植栽しているからこその景色。

植栽工事前
IMG_0650.jpg

大物の植栽をした日は雪予報。
仲間も集めていたこともあり、思い切って中止にしませんでしたが、
ほぼ影響もなく作業が終わりました。
大福さん、GBさんありがとうございました。
IMG_0661.jpg

写真で見る限り、どこにでも植わっていそうなコニファーに見えますが、
アスナロ。庭木としては滅多に見ません。
ざっくりとした感じが割と好きで、たまに植えています。
IMG_9391.JPG

工事内容-植栽-
カツラ、ハウチワカエデ、ジューンベリー、ヒメシャラ、ヤマボウシ、ノムラモミジ、
サルスベリ、アスナロ、ソヨゴ、斑入りサカキ、ヒサカキ、ハマヒサカキ、キンモクセイ、
その他、下草類も含めると40種類以上

建築設計 -川村竜一建築設計室-

この度はありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。
posted by yskidr at 22:50| Comment(0) | works
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: